カードローンで得たお金を生活費に使用した長尾「仮名」さんの体験談

人材派遣会社に登録して、契約社員をしている30代の者です。
契約先を半年から1年程度で代わっており、なかなか安定した職が得られません。
先月も工場派遣の仕事を半年で打ち切られました。

現在、次の派遣先が決まるのを待っていますが、その間も生活費はかさみます。
賃貸暮らしのため、収入がなくても毎月の家賃や光熱費もかかります。
そこで、どうしても苦しい場合には、キャッシングで生活費をまかなっています。

キャッシングのカードは銀行系のものを使っています。
給与の振込先にも指定している銀行なので、比較的低利でキャッシングできるのが魅力です。
即日カードローン※私が借入した安心カードローン
先月は滞納していた3か月分の家賃や光熱費などを支払うため、50万円ほどをキャッシングしました。
借入の手続き自体は簡単で、近くのATMから出金感覚で簡単に引き出せます。
非常に便利で助かります。
このカードには感謝しています。

もちろん、次の仕事が決まったら、しっかりと返済していきます。

カテゴリー: カードローン | コメントは受け付けていません。

モビットは計画的に借りると安心

よくCMでもご利用は計画的に・・・と言われていますが、その通り計画的に行うことでモビットというのはとても便利なものとして使うことができます。
ギャンブルなどで使うのは自己破産の元にもなるのでオススメしませんが、どうしても行かなければならないものがあるときやお金がない月に限って急な出費が重なるときにはオススメです。
自分で紙などにいくら借りてどのように返すかなどをまとめるとわかりやすいのではないでしょうか?計画的に自分の中でやっていけば決してお金を借りることは怖いことではありません。
十分な給料をもらっていて貯金もできていればいいのですが、人生なのでそうはうまくいかない時もあります。
そういったときには一時的に頼るのも悪くないと思います。
そして自分も助かりますし、借りたものなのでしっかり返すことで信頼もできるのでまた困ったときには同じ会社から借りることもできます。
本当に困ったときには計画的に借りてみてもいいでしょう。
モビット審査

カテゴリー: モビット審査 | コメントをどうぞ

共に生活しやすい社会づくり

先日、とある番組で障がい者と健常者が街で出会い自分の子が親に質問をされたとき
あなたならどうする?というテーマでありました。
もし、障がいのない子が障がいのある人を見てどう思うか?
確かに同じように歩けなかったり、しゃべれなかったり、聞こえなかったり、背が低かったりと他沢山の違いはあるかもしれない。
でもね、みんなハンデがあってもその人でしか持ってない能力やできることを発揮してがんばってるはる人はいっぱいいるだよ。

僕自身、街を歩いてる時に「危ないからよけなさい」っていう親御さんがいたり僕をずっと眺め笑う子もいる。
と思えば「お手伝いしましょうか?」って声をかけてくれる人も。

そのようにみんな感じ方は違うだろうしいろんな人がいますよね。
先日の番組の中で子供が親に「何であの人車いすなの?」て質問したらしい、そしたら「その人に直接聞いてきなさい」って親御さんが言われたそうです。
僕が、それを聞いて思いました。
なかなかしっかり説明はできないかもしれないけど疑問に思ってるお子さんたちにはちゃんと直接自分の障がいの事を説明してあげることも大切だなって。

あとは、この間も投稿コメントの中で言いましたが障がいはハンデではなく「個性」だと思います。

もう一つ、障がい者と健常者を分けることなくともに同じような生活空間を作ることによって障がいに対する疑問などは減るのではなかろうかと思います。

ともに助け合い、協力し合って過ごせる環境や社会がもっともっと広がればいいなと感じます。
同じ地に生まれた以上ハンデがなかろうがあろうが同じ人間ですからね♪

共によろしくお願いします(^’^)

カテゴリー: キャッシング | コメントをどうぞ